ED治療薬バイアグラ

ED治療薬バイアグラ/ED治療薬のトップランナーの効果を実感

ED治療薬バイアグラ

バイアグラはは、1998年の春アメリカの大手製薬会社「ファイザー」から発売された画期的なED治療薬です。

 

当初ファイザーの研究室では、バイアグラの成分である「シルデナフィル」を狭心症の病気治療薬として開発していましたが、狭心症治療薬としての「シルデナフィル」はあまり期待できる代物ではなかったんですね。

 

ところが、バイアグラの試験薬を使った人たちから、強い勃起の促進や持続時間を長くする効果があったことが報告されたんです。

 

そのためファイザーは、バイアグラ(シルデナフィル)を勃起促進作用があるED治療薬として研究を進めたんです。

 

 

そして、1996年にその特許申請が認められ、1998年3月27日にアメリカ食品医薬品局(FDA)にED治療薬として認可されました。

 

その後、ファイザーはED治療薬として、バイアグラを大々的に宣伝したんです。

 

バイアグラは世界中のEDの男性の間で話題となり、現在までED治療に大きく貢献してきました。

 

ちなみに、「バイアグラ」の名前の由来はいくつか説があるんですが、「ナイアガラ説」と「タージ・マハール説」の二つが有名なんです。

 

「ナイアガラ説」は、vital(生きいきした)とNiagara(ナイアガラの滝)を合わせ、バイタルの活力と、ナイアガラの滝のような勢いを合わせた造語する説なんです。

 

一方の「タージ・マハール説」は、タージ・マハールを作った精力絶倫の王様が住んでいた町の名前「アグラ」から「バイアグラ」という名前を付けたと言う説なんです。

 

今ではED治療薬のスタンダードになったバイアグラですが、偶然の結果として誕生したと言うのは面白いエピソードですね。

ED治療薬バイアグラ・ジェネリック

日本の借金が膨らみ過ぎて、ギリシャのように国が破綻してしまうなどと言う物騒な報道をテレビなどがしています。

 

たしかに、この20年の間、国の財政は支出が歳入を上回る状況が続いて、負債の合計は2015年3月末で1206兆円、名目GDP490兆円の246%に達しているんです。

 

この数字は、ギリシャの対GDP比176%に比べても、かなり大きい数字なんですね。

 

ただし、対GDP比がギリシャより大きくても、すぐに日本がギリシャのように債務不履行に陥る事は無いんです。

 

私たちの家庭でもそうですが、住宅ローンのような借金もあれば預貯金のような資産も持っています。

 

日本の金融資産は、15年3月末で574兆円に達しているんです。

 

さらに、私たち国民が持っている金融資産も、15年3月末で1700兆円以上と大きい金額に達しています。

 

なので、今すぐに日本がおかしくなってしまう心配は、ほぼしなくても良いと言えます。

 

しかし、将来世代につけを残す事はしない方が良いに決まっています。

 

政府も、毎年のこの赤字対策を何とか改善しようとしています。

 

この財政再建の中心になっているのが、年金と医療なんです。

 

高齢化の進展に伴い、医療費削減は避けては通れない問題なんです。

 

そこで厚生労働省が進めようとしているのが、2017年度までジェネリック医薬品のシェアを60%にしようという目標なんですね。

 

そのために、2014年度の診療報酬改定で、病院については、診療報酬に大きく影響する「後発医薬品係数」を導入し、調剤薬局については、ジェネリックを使えば使うほど、収入が増えるような制度、「調剤体制加算」を強化する施策を実施しました。

ED治療薬バイアグラ・通販

バイアグラを入手する最もポピュラーな方法は、泌尿科などのクリニックを受診して、医師に処方箋を出してもらって薬局から購入する方法です。

 

この方法が安全性も高く、何と言っても「本物」が間違いなく手に入る最も確実な方法なんです。

 

でも、薬が薬な商品が自宅にだけにクリニックのスタッフや、薬局の人たちと顔を合わせるのは結構恥ずかしいし、勇気がいりますよね。

 

それに引き替え、インターネットを使用した「インターネット通販」は、商品が自宅に到着するまで誰の目のも触れることはありません。

 

 

世界中でインターネッの普及率は上がっており、2015年の世界におけるインターネットの利用者数は、31億7千万人もいるそうです。

 

この数字は2014年の29億4千万人に比べると、1年間で2億人以上も増えているんですね。

 

それでも、普及率が世界一のアイスランドの98.16%に比べるとまだまだ伸びていくと予想されます。

 

インターネット上からバイアグラなどの薬を購入する事は、条件付きで認められていますので、インターネット通販を利用して購入している人も沢山いると思われます。

 

インターネット通販を利用する際に気を付けなくてはいけない事は「偽造品(ニセモノ)」を購入しない事です。

 

2009年の調査によると、インターネット上に出回っているED治療薬の55.4%が偽造品であったと言う報告があるんです。

 

偽造品は劣悪な衛生環境の中で製造されるため、服用後に予期せぬ副作用が発生する可能性があります。

 

インターネット上から「正規品」を購入するには、価格を極端に低く提示しているサイトは避けるべきです。

 

連絡先が明らかかどうか、会社として登録してあるかどうかなども確認する必要があります。


ホーム RSS購読 サイトマップ